パリジェンヌの薬箱

先日目について購入した本。
それはパリジェンヌの薬箱✨
フランスのフィトセラピー(植物療法)をパリジェンヌがどう生活に取り入れてるかについて書いてあります。
アロマテラピーもその一つですね。
アロマテラピーという言葉は20世紀初頭にフランスの科学者が作り、軍医が精油で治療した歴史もあります。なので、取り入れている歴史が古く一般に浸透しているのでしょうね。

香りの効能を取り入れる事は、今から5000年ほど前から始まっていたらしいです。

日本では最近病院でも取り入れてる所も珍しくない様です。認知症に朝はローズマリーとレモン
夜にラベンダーとオレンジが効果的だと話題になってましたね。

アロマを始めてから、私もお薬のお世話になる事はほとんど無くなりました。頭痛にはペパーミントが効くし、火傷にはラベンダー、デトックスにレモン、フランキンセンスは何でも万能だし✨美容にも効果的✨
本当に必要な時にはお薬だけど、そこはバランス良く取り入れたいです💓
香りも楽しめて、効果的だなんて願ったり叶ったり✨
もう手放せなくなりました。
また、持っていると安心感があります。
本当に私の大事な薬箱なのです😊

楽しくてちょっとおしゃれ✨最近はアロマ男子も増えている様です😊

Michi's blog

ボイジャータロット.アロマテラピー.アクセスバーズなどのホリスティックケア. 日々の暮らしなどゆるりと綴ります。

0コメント

  • 1000 / 1000